横浜蒔田プロジェクト⑥【横浜蒔田 中古戸建】

横浜蒔田プロジェクト⑥【横浜蒔田 中古戸建】

COCO-HOUSEが自信を持ってお送りする築50年の中古住宅リノベーション企画の第6弾!
【横浜蒔田プロジェクト⑤】はコチラ!
今回は内装作業がほぼ終わり、次に横浜家具の流れを汲む家具職人で"COTETSU Furniture crafts 主宰の菅谷さん"と、葉山で建築設計事務所を主宰する"archi lab 清水さん"のお二人と今後の作業に向けて現場チェックをして来ました。今回のこの物件
では、この菅谷さんの手で正面玄関の建具とキッチンが作られます。
乞うご期待下さい!【取材スタッフ ヒデ】

室内は壁の漆喰の左官作業が終わり、ご覧の通りの仕上がりです。漆喰壁と木枠の建具との相性はバツグンです。この辺りのテイストがやはり”古き良きモノ”を残す最大の魅力ではないでしょうか!

天井の梁と壁です。濃い茶色と白い漆喰壁のコントラストがグッと来ます!。勾配天井の良さが実感できる仕上がりにしました。

木枠の建具を閉めると外から差し込む光が柔らかく室内を照らします。やはりこの空間は心が落ち着きます。

天井は敢えて隣との境を仕切らず空間を作りました。開放感があり、天井には優しく光が反射します。

木枠の建具の桟が壊れている部分を菅谷さんがチェックします。こんな風に壊れてしまった建具も菅谷さんは丁寧に修理方法を吟味して直してくれます。入居後うっかり壊してしまっても菅谷さんがいるので安心ですね!

製作するキッチンの設計図を見ている一級建築士の清水さん。菅谷さんの細かい作業内容に感心しています。清水さんはこのプロジェクトの中で耐震診断やリノベーションについてのアドバイス、部材の確保など蔭に日向に大活躍!

職人手作りのキッチンが配置されるエリアです。奥のスペースが洗面所&バスルーム。これから順次水回りの製品が入荷されます。

どんな仕上がりになるのか想像すると心が躍ります!今回のキッチンはかなり手が込んだ製品になるとの事。出来合いの物とは一線を画す自信の作品です。

一階の天井部分。梁を敢えて見せる事で空間にメリハリが付きました!こういうテイストがお好きな方は結構多いんじゃないでしょうか。良いセンスです!

エントランス部分。これから外構の作業に入ります。手前には車、奥には植栽が配置出来るようにする予定。ここの仕上げもこだわりを持ってやりますよ!

建設場所横浜市南区蒔田町
建設構造木造二階建
着工年月【リノベーション開始】H23年2月
竣工年月H23年7月中旬を目指してリノベ中!

COCO-HOUSE-ココハウス-

不動産の売買・賃貸住宅のお探しはココハウスで
ココハウスでは海や山、大自然に囲まれた湘南で、家族で楽しむライフスタイルのお手伝いをいたします。
まずはお気軽にご相談お問い合わせください
電話番号:0467-39-6250
  • メールでのお問い合わせ
  • ココハウスへのアクセス
ココだけのちょっとイイ物件

ピックアップ

物件検索

コンテンツ