横浜蒔田プロジェクト② 【横浜蒔田 中古戸建】

横浜蒔田プロジェクト② 【横浜蒔田 中古戸建】

横浜南区蒔田で現在COCO-HOUSEが進めている築年数の古い住宅を再生するプロジェクトの続編、第2弾です。
【横浜蒔田プロジェクト①】
今回は建築士の清水さんが現場に赴いて、進捗状況の確認です。耐震補強の設計、アドバイザーとしてこの家に関わっています。この様なリノベーション工事でも建築士の専門知識は必要不可欠。しっかりと現場でのフォローも忘れません。古い家屋を簡単に壊してしまうのではなく専門的な知識の裏付けを元に、安心して住む事の出来る家にリニューアルする事。 古い家屋のリノベーションはこの様な作業を手を抜くことなく進める事がとても大切なんです。
【取材スタッフ ヒデ】

建築士の清水さんが、大工のナオキさんと何やら打合せしています。大工さんは現場を取り仕切る役回りも兼ねるんです。建築士のアドバイスを踏まえつつ、しっかりとカタチにして行きます。

電気設備の配線の位置をキチンと確認します。対面式のカウンターを家具職人のハンドメイドで作るために事前の打合せが重要になります。家具職人の手による物の方がこの家には合うのではないか。この様なこだわりも大切な事だと考えています。

エントランススペースにあるレストルーム。以前は半畳程の広さでしたが、このリノベーションでスペースをしっかりと確保しました。リラックスする場所ですからね。大事です。

1階のダイニングスペースにある階段下のスペース。変則的なこの空間は魅せ方によっては、シンボルリックな空間になる・・・かも。どの様な方法がこの家にとってよりベターなのか、楽しい悩みは尽きる事を知りません!

保管してある建具をチェック中。”昭和な”テイストを残すためにはこの様な建具は必須アイテム。もともとこの家で長い間使われてきた物なので、建物との相性はバツグン。

洗面所にある木枠の窓ですが、こころなしか陽差しが柔らかい気がします。この懐かしさがこの家の”売り”です。いま作ろうと思っても無いですからね・・・。新しい洗面化粧台との相性もきっと良いはず!

もと縁側の外から室内を眺めてみました。梁が良いカンジに見えますね。こんな雰囲気を醸し出す事が出来るこの家はスバラシイ。

二階の部屋を隔てる壁の上にはあえて空間を残しました。この様にとなりの部屋の灯りが間接的に天井を照らします。雰囲気ありますよね!

これから外観も大幅にリニューアルして行きます。使用する素材を変えて耐震性、耐久性も向上します。見た目はとても大切ですからね。

休憩しつつ進行具合の確認をする、建築士清水さんと大工のナオキさん。部材の入荷予定や、仕上げまでの段取りなど打合せに余念はありません。繋がりの強い関係を築く事で、仕事は円滑に進められて行きます。

建設場所横浜市南区蒔田町
建設構造木造二階建
着工年月【リノベーション開始】H23年2月
竣工年月H23年7月中旬を目指してリノベ中!

COCO-HOUSE-ココハウス-

不動産の売買・賃貸住宅のお探しはココハウスで
ココハウスでは海や山、大自然に囲まれた湘南で、家族で楽しむライフスタイルのお手伝いをいたします。
まずはお気軽にご相談お問い合わせください
電話番号:0467-39-6250
  • メールでのお問い合わせ
  • ココハウスへのアクセス
ココだけのちょっとイイ物件

ピックアップ

物件検索

コンテンツ